愛と知の探検記

スキー

14回目のスキー

右膝が痛くて、スキーに行くのをどうするか迷ったけれど、行くことにした。

13回目のスキー

雪が融けだして、もうシーズンも終わりかと思って半ば諦めていたのだが、また雪が降ってゲレンデは滑走しやすくなっていた。

人影も疎らで、リフトに乗り放題、滑り放題だった。
急斜面をゆっくりと滑るのと緩斜面を猛スピードで滑るのとではどっちが身体に負荷がかかるのだろう・・・リフトに乗りながら、高校の時よくわからなかった物理学の数式を考えたが、コサインθと重力Gと加速度と自分の体重と考慮してみたが、やはりわからないものはわからない。
それよりも滑った感覚では、スピードを出して緩斜面を滑る方が身体に負担がくる感じがする。

温泉に行き、身体を洗っている時に、太腿に筋肉が付いたのか太くなっているような気がした。

12回目のスキー

晴れて天気はいいのだが、ゲレンデの雪は昨日の雨でシャリシャリのザラメ状態だったり、ガリガリのアイスバーンだったりして、良くなかった。
けれど景色は最高で、岩木山も見えた。

11回目

午前中は晴れて頂上からの写真を撮った。
頂上からは上級者コースを滑らなくてはならない。カメラがあるので、斜めに斜面を横切り中級者コースに逃げた。
カメラをぶら下げていては上級者コースは滑りづらいと思い、カメラをロッジに置いて、再度上級者コースに挑戦。
カメラはあまり関係がなかったようで、重い雪にスキーを取られバランスを崩し転倒の連続。
この斜面を滑れれば、どんな斜面でも滑られると地元の人がいうだけあって、難しい斜面だ。雪が重いし固いし、とても体力が要る。体力の限界を感じて、中級者コースに戻った。

なんだかきょうは調子が出ないと思いつつ、昼食を食べた。それはそうだ。いきなり上級者コースでは調子が狂う。いつものように、準備体操代わりに緩らかな斜面を滑り、中級者コースに移った。
午後からは天気が一転して、吹雪いた。滑っていると、ゴーグルに無数の雪粒が当る。風が吹くと、雪の煙で視界が遮られる。
悪天候になると滑る人が減るので、かえって気楽に滑れる。
途中、焼き芋を食べ休憩。
何本滑ったかカウントしていないが、疲れてふらついて転倒しだすまで滑ったので、一日券の元は十分に取った。

スノースクート

スキー場で、ひとりの人が乗っていたスノーボードと自転車を足して2で割ったような面白そうな乗物の名前がやっとわかった。
「スノースクート」という。
スキーやボードよりも簡単なんだそうだ。

Youtubeで参考になる動画があった。

新雪

今年10回目のスキー。
毎回同じスキー場なのに、毎回ゲレンデコンディションが違う。朝方降った雪でゲレンデは新雪状態だった。誰も跡を付けていない雪面に弧を描く。ターンをする時に、雪が舞い上がる。スピードに乗ったまま直滑降でリフト乗場に向かう。
両手を広げると、雪原から飛び立つ鳥のような気分になる。

9回目のスキー

9回表の攻撃という感じで、一日券ではなく午前券で滑った。
滑ったというよりも、カメラを携えて頂上から青森市街の写真を撮った。
その中の一枚に、音はすれど姿は見えずだった着陸体制に入った飛行機がちゃんと写っていた。

P2130322

ガリガリくんソーダ

今年、8回目のスキー。
ゲレンデは最悪で、ガリガリ状態。
圧雪したキャタピラーの跡を滑ると、小刻みな振動が足に負荷をかける。
初めこそ慎重にスピードを殺して滑っていたが、最後はスピード狂になっていた。

雪が融けてしまっては、

スキーができぬ。
雪よ降れ。
関東地方でさえ降って、1cmの積雪があったというのに、融けるだけ融けて積雪50cmを切ってしまっている。

今年6回目のスキー

2010年になって30日目にして、6回目のスキー。
5日毎に1回行っている勘定になる。

去年の9回行った記録は、間違いなく更新する。

何回行っても、納得のいく滑りができないので、教本を買ってきた。
付録についているDVDでイメージトレーニングをすることにする。


DVDでうまくなる!丸山貴雄のスキー中上級レッスン 全斜面完全攻略!! (ブルーガイド・グラフィック)
DVDでうまくなる!丸山貴雄のスキー中上級レッスン 全斜面完全攻略!! (ブルーガイド・グラフィック)
クチコミを見る
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
記事検索
プロフィール

fajro

  • ライブドアブログ