愛と知の探検記

食べ物

生まれて初めて食べた

生まれて初めて「カレー南蛮そば」を食べた。
カレーには、「うどん」だったから。

食べ比べ

夜にカップめんを、昼には2軒目のラーメン屋に食べに行ってみた。

同じ食材を使いながらも、味が微妙に違うような感じがする。

もしかしたら、カップめんは、この2軒目の味をコピーしているのかもしれない。
そっくりだ。
味噌+カレー+牛乳が混ざったスープの味は、少し癖になりそうだ。


P1050797

かすぺ煮

「かすぺ煮」というのは、何の煮付けなのか、気になってY氏に聞いてみたら、

「エイ」の煮付けなんだそうだ。

「エイ」って、海で泳いでいる菱形の平ぺったい魚のことなのか確認してさらに驚いた。

この歳になって、「エイ」の料理があるのを初めて知った。

地方により、「かすべ」とも言うらしい。

Y氏によれば、静岡では「イルカ」が普通に売られているそうだ。

それぞれの土地により食文化は違っていて、特に魚料理は顕著に違いが現れるらしい。

未知なる「かすぺ煮」にお目にかかったら、青森の地元の味ということで食べてみようと思う。

ほたてカレー

「ほたてカレー」を買って、食べた。
ほたてカレー

初めての空弁

ビッグサイトからは、羽田空港行き直通のリムジンバスに乗る。

たぶん一番便利で安上がりだ。乗換案内で検索するとりんかい線で天王洲アイランドまで行き、モノレールに乗り換えるルートか、ゆりかもめで行って2・3回乗り換えるルートしかない。時間はかかるし、乗換えが面倒・・・料金もりんかい線+ものレールでは、260円+470円=730円。けれど、リムジンバスは600円だった。所要時間は約20分だった。

・・・というわけで、羽田空港には、2時間以上前に着いた。

搭乗手続きを早目に済ませ、食事は、お弁当を買って、ロビーで食べることにした。

買ったお弁当は、「黒いなり」という羽田空港限定の空弁と横浜の駅弁である「しゅうまい弁当」。

写真を見てもらうとわかるけど、本当に真っ黒ないなり寿司だった。
備長炭を塗してあるそうなのだが、特に炭の味はしなかった。



空弁黒いなり

「うかっ茶う」

うかっ茶う

ウカール」を食べながら、飲むといいかも。

白いカレー

白いカレー」を生まれて初めて食べた。

カレーの色は黄系、茶系だけだと思うのは、単なる固定観念にすぎない。
白くても、カレーの味がした。

八丁味噌風シュークリーム

蘭さんのブログを読んで、「八丁味噌風シュークリーム」を食べてみたくなった。
この辺りには、サークルKがないので、サークルKと合併したサンクスを探すことから始まった。
意外にサンクスがあることがわかったが、どこもわかりずらい場所にある。
家から一番近いサンクスに行ったが、隠れている場所にあって、そこにあることに今まで気づかなかったほどだ。

外見は、普通のシュークリーム。
がぶっと齧って味を確かめるも、鼻を近づけて匂いを嗅ぐも、味噌の味も匂いもしなかった。
中身の色だけは、八丁味噌風だった。
よく食べるカスタードクリームのシュークリームのように甘くもなく、全く印象に残らない
特徴のないシュークリームだ。
名古屋で羊羹だと思って、ういろうを食べた時の感覚を思い出す。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
記事検索
プロフィール

fajro

  • ライブドアブログ