会社に着いて、午後2時頃になってからだんだんと風雨が強くなった。
テレビで伊豆半島に上陸したのを見て、その進路では直撃は避けられないと思った。
午後6時頃、台風は東京・千葉に上陸した。
最大瞬間風速が60キロだという。
横殴りの激しい雨は、1時間程続いただけだった。
家に帰る午後8時には、既に雨は止んで、冷たい風が吹いているだけだった。

・・・というわけで、きょうは、運がいい。雨に全く濡れなかった。

左から右の風で、庭で大きく成長した木が倒れた。それ以外に被害はない。
もっとも、庭の木は撤去しなければならなかったので、その手間が省けた。

ネット記事より、抜粋。


台風22号、首都圏に豪雨…死者2人不明6人  
 台風22号は9日午後4時ごろ、強い勢力を保ったまま静岡県の伊豆半島に上陸。同8時ごろ、鹿島灘に抜けた。東日本に上陸した台風としては、気象庁が統計を取り始めた1951年以降、最大級の勢力で、首都圏各地に暴風雨をもたらした。

 伊豆半島の石廊崎では同日午後3時過ぎに最大瞬間風速67・6メートルを記録したほか、東京の都心でも午後6時過ぎまでの1時間に69ミリの猛烈な雨が降った。

 鉄道はJR東海道新幹線が一部運休など大幅に乱れ、空の便も欠航が相次ぐなど、交通網は終日乱れた。

 気象庁によると、台風22号は、中心気圧が950ヘクト・パスカル前後で伊豆半島に上陸した後、勢力を弱めながら、相模湾、東京湾を自動車並みのスピードで駆け抜けた。勢力が強い割には暴風域が狭く、猛烈な風雨は比較的短い時間に限られたが、台風の中心付近が通った地域では、その直前から激しい暴風に見舞われた。
(読売新聞)



10月9日18時の様子

天気図10月9日18時
雨量10月9日18時レーダー10月9日18時