病院のCT検査の予約時間は午後3時。

朝早くから、動き回り、病院には、予約時間よりも、1時間半も早く到着。1時間以上待つのを覚悟していたが、検査室の前で本を読みながら待っていると、2時10分に名前を呼ばれた。

着ているものをすべて脱いで、検査服に着替える。
背泳ぎのスタートのように、検査台に仰向けに寝そべり、バンザイをする。

検査台が移動して、頭部から白いトンネルを潜る。CTのレーザー光が赤く光る。腹部に、カバーを被せられる。その重さで、腹部の痛みが増幅した。
「ちょうどいい、痛いと感じる時の画像が撮れる」と思った。

救急外来で診察してもらったS女医が、造影剤の点滴の処置をした。全身が内側から、熱くなった。

無事に終わった。正味15分程の検査だった。
この検査費用が1万1250円。
金欠病に拍車が掛かる。