仕事を終え、外に出ると、台風16号の強風で飛ばされ雲ひとつない空に鈍く満月が光っていた。

仕事をしていると、脇腹にチクリチクリとした痛みが出てきた。
思わず、脇腹を手で押える。
相変わらず、仕事は、普通のレベルを超えている、過重だった。なんとか一日持ち堪えた。・・・というか、とてもそんな仕事に付き合いきれないないので時間内で切り上げて帰宅した。

大腸ポリープを内視鏡で切除したH氏は「チクリチクリ」とした表現した痛みがわかる。
胃炎で倒れたM氏はまだ胃に違和感があるという。

身体に不調を感じたら、無理はしない。
どの程度の痛みがあったら、危険か、痛みの限度がわかる。それは、2年前に病院に行こうと思い立った時の痛みだ。そこで躊躇してはならない痛みなのだ。