現金が残り少なくなってしまいピンチである。
持株を売って、現金化するしかないのだが、往々にしてこんな時は、いつも損切りとなる。
これは、「苦肉の策」と言えるものなのか。
損の少ない持株を売ったが、
「泣いて馬謖を斬る」気分だ。