DAEGU世界陸上の生放送を見ながら。

津軽弁で「歩く」というのは、「あさぐ」というが、

50kmもの距離を朝から「あさぐ」のは、過酷だ。

究極のサバイバルレース。