「ボリショイ・サーカス」を観てきた。

実はこの歳になるまで、今まで1回もサーカスを観たことがなく、
記念すべき人生初のサーカスだった。

当日券を買い求めると、なんと最前列に1席だけ空席があり、迷うことなくその席にした。
座って開演を待っていると、ひとりだけ離れた席になったとかで、席を替って欲しいと言われ応じたら、
その席は舞台のほぼ中央だった。

そのおかげで、迫力ある出し物を堪能できたし、おまけに、ピエロとのやりとりまでできた。

第2外国語としてロシア語を選択していたので、
「ボリショイ・サーカス」の「ボリショイ」は「大きい」という意味だというのはわかったが、
「サーカス」はロシア語でなんて言うのか勉強不足にしてなにも出てこなかった。

ネットで調べてみると、「チェブラーシカ」の絵本に答えがあった。

Чебурашка и Цирк

(チェブラーシカ イ ツィルク )

Цирк (ツィルク)が「サーカス」という意味だ。

「チェブラーシカ と ツィルク (サーカス)」が原題だが、
「〜サーカスがやってきた〜」と意訳された邦題になっている。


チェブラーシカ


Чебурашка и Цирк

チェブラーシカ イ ツィルク 〜サーカスがやってきた〜