「誕生日は休んでよい」などという就業規則がある会社ではないが、
きょうは誕生日なので自主的に休みを取った。
 単純に、地震後の公休日に出勤したのを振替えただけなのだが。

きょうは、朝ゴミを出しに外に出たきり、外に出ていない。
「屋内退避」でも「引きこもり」でもないのだが、朝から今までずーとスキャナーを使って、請求書や領収書・レシートや銀行の利用明細書を画像としてパソコンに取り込んでいた。

日付と時間を入れ、名前をつけて保存して、並べ替えれば、時系列で電気やガスや水道料金がわかったり、レシートからは、何年何月何日何時何分にどこそこのお店で何を買ったかまでわかる。

青森に来てからの分の8割方をスキャンできたと思う。
記録媒体である「紙」は要らない。要るのは、「内容」だ。
スキャンし終えたら、「紙」はシュレッターにかけて捨てようと思う。

かくして、●●歳の一日目が有意義に過ぎ去ろうとしている。