(映画の感想)

TRON・・・この映画は、傑作だ。すばらしい。


(映画を観に行くまでの紆余曲折)

前場終了後、雨も上がったので、映画を観に行くことにした。
荷物はなにも持たず、手ぶらで青森駅行きのバスに乗る。
歩道の大部分が融けた雪が凍って滑りやすくなっている。危険箇所を避けて歩く。
風が冷たい。ニット帽を被り、両耳を隠した。

終点の手前でバスを降り、郵便局に寄り、証券会社の口座に入金。
歩いて駅前に行き、お昼に牛丼を食べる。

新幹線が開通してから、まだ電車を使って新青森駅に行っていない。
たった一駅なのだが、各駅停車の弘前行きは、1時間に1本あるかないかだ。
12:45の次は14:05。
新幹線の利用者には、特急列車を普通運賃で乗車できるらしいが、そうではない乗客には特急料金が加算される。

新青森駅で降りる。
自動改札機に切符を入れたら、遮断されてしまった。新幹線の乗換口だった。在来線の改札は違う所にあった。
実につまらない駅だ。何も見物せずに、映画館のあるモールまで歩く。
約15分で着く。

観たいと思った「TRON」は、ここでしか上映していない。
先に、チケットを買う。月曜日は男性デーで1000円観られるが、3D鑑賞料と専用メガネ代として400円を支払う。
上映は、15:40から。2時間以上、時間がある。それまでは、隣接する天然温泉に入る。