まさかりの形をした「下北半島」。

青森に来て、地名で最初に違和感を感じるのは天気予報で使われている「三八上北(さんぱちかみきた)」だ。

「津軽」地域に対する「南部」地域を指しているようだが、「南部」を使うと
「北部」に対する「南部」として捉えられて紛らわしくなるとの理由で「三八上北」を使っているらしい。

「三」は「三沢」、「八」は「八戸」を表しているのは、なんとなく想像できるのだが、問題は「上北」である。

「下北」に対する「上北」なのだろうが、どの辺りなのかよくわからない。

そもそも、地図で見ると、「上」に位置しているのに、「下北」なのが変だ。

たぶん、千葉県の「下総(しもうさ)」、「上総(かずさ)」の関係と同じだと思う。昔は陸路よりも海路の方が発達していた。京都から船で移動して東京湾に入っていくと、「安房」→「上総」→「下総」の順に進むことになる。京都から近い方を「上」とするなら、地図上の上下とは反対になるのだ。

「下北」があれば、「上北」もあるのは当然なのであろうが、青森に来るまではその存在さえ考えたこともなかった。