「ゆせん」って、漢字ではどう書くのかわからなくて、調べてみた。

「湯煎」と書く。

「湯銭」を払って、天然温泉に浸かっていると、

まるで「湯煎」されているレトルト食品のように感じた。





湯煎(ゆせん)とは鍋等に湯を沸かし、その中に一回り小さい容器を入れて、内側の容器中で食材を容器ごと間接的に加熱する調理法のこと。

火で直接加熱するのではなく、湯を使い間接的に加熱を行うので温度が摂氏100度以上にはならず、焦げ付きの心配がない。緩やかに加熱したいときや、保温する時に使われる。

一般の調理にはあまり利用されない技法だが、メレンゲの泡立てやチョコレートのテンパリングなど製菓の技法として利用頻度が高い。また、レトルトの米をもどす時にもよく利用される。