午前中は晴れて頂上からの写真を撮った。
頂上からは上級者コースを滑らなくてはならない。カメラがあるので、斜めに斜面を横切り中級者コースに逃げた。
カメラをぶら下げていては上級者コースは滑りづらいと思い、カメラをロッジに置いて、再度上級者コースに挑戦。
カメラはあまり関係がなかったようで、重い雪にスキーを取られバランスを崩し転倒の連続。
この斜面を滑れれば、どんな斜面でも滑られると地元の人がいうだけあって、難しい斜面だ。雪が重いし固いし、とても体力が要る。体力の限界を感じて、中級者コースに戻った。

なんだかきょうは調子が出ないと思いつつ、昼食を食べた。それはそうだ。いきなり上級者コースでは調子が狂う。いつものように、準備体操代わりに緩らかな斜面を滑り、中級者コースに移った。
午後からは天気が一転して、吹雪いた。滑っていると、ゴーグルに無数の雪粒が当る。風が吹くと、雪の煙で視界が遮られる。
悪天候になると滑る人が減るので、かえって気楽に滑れる。
途中、焼き芋を食べ休憩。
何本滑ったかカウントしていないが、疲れてふらついて転倒しだすまで滑ったので、一日券の元は十分に取った。