朝からやることなすことが、裏目、裏目に出て、恨めしや〜といった気分になった。それもこれも、腰が痛いのが原因している。

腰が痛くて、ベットから降りられないし、靴下を履こうにも、痛くてしゃがみ込みながら履いた。

腰が痛くなければ、迷わずスキーに行くところなのだが、腰が痛くては、スキーの楽しさが半減してしまう。
スキーの後に行く温泉に、始めから行くことにした。

温泉はどこにするか・・・歩きたくないのと、朝食バイキングを食べたいと思ったので、バスに乗り駅前に出ることにした。

信号待ちをしていたら、バスに乗り遅れた。・・・ここから、裏目が始まった。
別方向のバスがあることを思い出し、違う場所に行くと、次のバスが通り過ぎた。待っていれば、乗れた。

なかなか別方向のバスが来ないので、歩いて別の温泉に行こうかと、バス停を離れたところにバスが交差点を曲がり来るのが見えたので、走ってバス停に行く。
間に合った。

雪目にならないようにしていたサングラスが、バスの車内で曇った。
サングラスを外すと、太陽が出てきて、眩しい。
バスを降りると、また雪が降ってきた。サングラスをし、目に雪が入らないようにする。

雪目どころか裏目のオンパレード。

温泉に入る前に、朝食バイキングを食べようと思って食堂に行ったら、終了していた。9時半までだった。その時間は、ちょうどバスに乗った時間だったので、どう急いだところで間に合わない。

温泉に浸かり、サウナに入り、腰に手を当て、叩いたり、揉んだりする。
スキー場で過ごすと同じ位の時間を温泉で過ごした。
腰の痛みが、だんだんと和らいできた。

片足立ちでも靴下が履けるようになった。