飛行機はやはり思った通り揺れに揺れた。
上昇の途中、積乱雲を潜り抜ける迄、ヘタをしたら空中分解するのかもと思う位、激しく揺れた。
雲の上に出ると、サンシャイン。お日様が眩しい。

機長からなるべく揺れないように飛行するとアナウンスがあった。
高度9000m。雲の切れ間から集落が見える。

大きな池のように見えるのは、霞ヶ浦?長く続く海岸線は九十九里浜?
左旋回をすると、すぐに東京湾の京葉コンビナートが見えた。
人工の砂浜は見えたが、たぶん稲毛海浜公園だろう。

東京湾は広い。大型タンカーでも藻屑のように小さく見える。

無事、羽田に着陸。

機内から一歩踏み出しただけで、蒸し蒸しした空気に包まれた。

モノレールに乗り、浜松町でJRに乗換え、有楽町で下車。
線路伝いに歩いていると、身体ごと摘まれて、雑踏の中に放り込まれたような、いきなり、タイムスリップしたような感覚がした。