一旦春のようになって雨が降り雪が溶けてしまい、もうスキーはできないと思っていた矢先に雪が降ってきたものだから、会議さえなければ、スキー場に行くつもりだった。

会議の帰りに、リサイクル店に入り、スキーウェア、スキー靴、スキー板を見ていたら、1回分のレンタル料金で、スキーウェアとスキー靴が買えることがわかった。
スキー板も安かったが、調整まではしてもらえないと思い、スポーツ店で見ることにした。

もうスキーシーズンも終わりなので、処分価格になっていて、3点セットでもリサイクル店のと大差はなかった。
スキー靴を持ってくれば、ベンディングの調整をしてくれるか確認をし、またリサイクル店に行き、スキーウェアとスキー靴を買うことにした。

スキー靴は実際に履いてみたら、3000円の値が付いているのはサイズは合っているのだが、横幅が狭く足が痛くなりそうだった。いろいろ履いてみて、足に一番フィットしたのは、結局、最安値の500円の値がついた使い古されてボロボロになったスキー靴だった。

スキー靴が500円なら、スキーウェアは少し高めの上下セットの物を選んだ。
会計をすると、5000円でお釣りが来た。

500円のスキー靴を持って行き、一番安いスキーセットの中からデザインと長さを選んで買った。スキー靴を預け、ベンディングを合わせてもらう。その30分程の待ち時間に、スキーウェアとスキー靴を入れられるバッグと雪目にならない様にUVカットのサングラスを買った。


P1060001
P1060006
P1060007
P1060009