会議が終わった後、ママと待ち合わせて夕食を食べ映画を観ることにした。
映画は『20世紀少年 第2章』。
先週TVでロードショーの前日ということで、第1章の紹介をしていたので、弟1章を映画で観ていなくても、だいたいの流れは掴めはず。
もっともそれだから、弟2章を観たくなったのであるが。

原風景を見たような気がする。
20世紀少年と同じ年代だから、草原に秘密基地を作ったこともある。

「ともだち」ということばが、妙に無気味なことばになってきた。

映画の最後にT・REXの曲の「20th Century Boy」が流れるが、小学生の時ではなく、高校生の時に流行った曲だ。
時代考証が必要だと思い、「ともだち」と観てきたというおねえさんに教えた。