これが、Web.2.0的な発想だ。ネットを介せば、十分可能だ。