電線に1羽のツバメがとまって翼を休めていた。
仲間を探して話掛けているような鳴声がした。

つばめ











すっかり春めいて暖かくなったのに、まだ冬のコートを着ているのを嗜めているようにもその鳴声は聞こえた。