愛と知の探検記

OAZO

新聞屋さんからもらったサンシャイン国際水族館の入場券2枚は、有効期限が9月末まで。
折角だから、池袋にママと行って見ることに。

asikahagimanbou






東京・丸の内に本日オープンした「OAZO」に立ち寄る。
ご祝儀に丸善本店で洋書を2冊購入。



The Da Vinci Code
Are You Afraid of the Dark?

oazomaruzeneki続きを読む

FAJRO

Fajron sentas mi interne,
Vivi anka~u mi deziras,
Io pelas min eterne,
Se mi al gajuloj iras...
Se mi pla~cas al sorto
Mia peno kaj laboro---
Venu tuj al mi la morto,
En espero---sen doloro!

L.L.Zamenhof


Mi trovis la verson,verkitan de Dr.Zamenhof
en la lernlibro"ESPERANTO EN KVAR SEMAJNOJ"(P257).
Mi citis ~ci-tiun verson,^car la vorto
"FAJRO" estas uzata ~ce la komenco.

診察結果

予約時間は9時半。
ママに車で送ってもらう。病院には、5分遅れで到着。

10時8分に名前を呼ばれ、診察室へ。
CTの画像が並べられている。
「CTの画像からも、肝臓への転移は見られません。」
と主治医のS先生が切り出す。

「問題は、注腸検査なんですが・・・」
空気を入れる前と空気を入れた後の同じ部位のレントゲン写真を取り出し並べた。
ちょうど摘出手術をして繋ぎ合わせたところだ。
「普通なら、空気を入れなくても、バリウムが入っていくのですが・・・」
直腸の辺りで、白く写っているバリウムが止まっている。先生が検査の途中で、腰に手を当て身体を揺すったのは、バリウムを入れる為だったらしい。

「手術で一番いじっているところですから、炎症を起こして、固くなっているのかもしれません。」
・・・これが、痛みの原因だったのか・・・

空気を入れて膨らました腸の画像を見る限り、異常はなし。まだ便の残があって、3ミリ程度のポリープはわからないそうだが。

ヘルニアはCTの画像で確認できた。ぷっくりと飛び出しているが、「大したこと」はなく、心配は要らないとのこと。

命を脅かす「再発」という所見はなかった。
続きを読む

HPのバックアップ

先月まで書き込んでいたHPのデータを、月毎にダウンロードしてスマート・メディアに保存した。

以前にも、ダウンロードしたことがあったが、違った方法でダウンロードしたものだから、その時のデザインやBGMがそのまま保存されている。
この方法で保存すると、ファイルが多くなり過ぎ、MOでも保存できなくなってしまう。

デザインやBGMなどの背景は除いても構わない。
書き込んだ内容だけ抽出できればいい。
1ヶ月当り約80KBだ。1年で960KB。1MBにはならない。

このBlogの容量は30MB。
文章だけならば、30年間使用できる計算になる。
けれど、もう現在686KBも使用している。
この調子で行くと1ヶ月で1MBを使ってしまうかもしれない。
原因は、画像を何枚か入れたからだ。
いずれ、他のサーバーを探さなければならなくなるかもしれない。

石焼カルビ丼

本当に、家の中は、要らないものばかりで溢れている。

音楽CDは、CD−Rに焼いて全部売り払いたい。そもそも買ったのが間違いだ。

デジカメで撮影した画像をMOに収録し直した。
手術前にお腹の写真を撮ったが、もう二度と傷のないお腹の写真は撮ることができない・・・

結構な時間が掛かる。
お腹が空いて、お昼に「石焼カルビ丼」を食べた。
韓国ドラマがブームになっているが、そのサブリミナルな影響か・・・

Vi jam konas  Vortojn.

NOVA

Por Japanoj ,tiu vorto signifas la lernejon por alilandaj lingvoj,
kiuj lokas anta^u stacdomo.

「幸せ」とは・・・

「お腹いっぱいに食べられる」という幸せ。
「ぐっすりと眠れる」という幸せ。

T駅13時。弟と待ち合わせ。昼食を一緒に取る。

先週弟に頼まれたアパートの契約更新の際に必要な保証人の承諾書に実印を押し、印鑑証明書をつけた。
弟が手術を受けてから、もうすぐ1年になる。来週、内視鏡検査を受けるそうだ。

二人でとんかつを食べる。ご飯としじみの味噌汁のおかわりをして、お腹がいっぱいになる。単純に食べられることに幸せを感じる。金欠病になれば、なおさらのこと。。。
お坊さんがお布施をもらう時の気持ちはさぞこんなかもしれない。弟に感謝。

注腸検査

6時頃に下剤が効いてきて、排出。
病院の予約時間は、8時。許されているコップ1杯の水を飲み、7時に家を出る。

8時少し過ぎに病院に到着。受付を済まし、長イスに座り、待つ。待つこと30分。看護婦さんが血圧を測り、検査着を渡す。相変わらず、血圧が低い。上が93しかない。

検査は9時に開始。バリウムが漏れる場合もあるとのことで、靴下も脱いだ。案内され、検査台に行く。看護婦さんが右肩に腸の動きを止める注射をする。

主治医のS先生が立会いではなく、自ら検査をしたので驚いた。
「定期検査も兼ねて、検査をしましょう。」
身体を曲げる。直腸の触診。先生の指が入る。痛い。
うつ伏せになる。器具が入れられ、バリウムが注入される。検査台の上で、横を向いたり、仰向けになったり、いろいろな角度からレントゲンを撮られる。
空気を入れられると、腸が膨らんでいくのがわかる。そして、少し苦しくなる。身体をまた検査台の上で一回転する。

「見たところ、変わったものはありませんでした。現像した後で細かく見ます。」

検査終了。

造影剤のバリウムで、便秘になると、下剤を6錠渡される。検査後に3錠飲む。もし、午後6時までバリウムが排出されなければ、残り3錠飲むように言われている。

検査後2時間位、腸の動きが悪くなるので、食事は、消化のよい、おかゆかうどんがいいと言われた。もしふらつくようなら、飴かチョコレートで糖分を補給するように言われた。

ドーナツが100円均一だったので、3個トレーに取り、アメリカンコーヒーを注文する。糖分を摂り、意識がはっきりしてきたような・・・

マグコロール

今飲み終わった下剤は、クエン酸マグネシウム。
とても、すっぱい!!

何もしていなくても、検査食だけでは、お腹が空いてしまう。
少し外に出て帰った後は、横になり、昼寝をする。

お腹が空いたのは、疲れを取るための、エネルギー消費だったのかもしれない。

最後の仕上げの下剤は、ラキソベロン。

検査食

明日の注腸検査に備え、今日の朝、昼、夕の三食は、病院の薬局で渡された検査食(インテスクリア)になる。

主食は、レトルトの白かゆ。この検査食だけでは、会社ではお腹が空いて、倒れてしまうかもしれない。指定された1週間の休みは金曜日からだったが、一日早めて、木曜日の今日からにした次第。

いつもそうだが、検査食を食べる時間は守ったことがない。
渡された注意書きを見ると、
朝食→朝7時、昼食→昼12時、夕食→夕方5時と
なっている。
さらに、下剤を2種類、それぞれ夜7時、夜9時に飲むようにとなっている。

朝食は、3時間遅れで、10時に摂った。

あまりエネルギーを消費しないように、部屋の掃除でもして家の中で過ごすことにしようと思う。

注)「注腸検査」:肛門から造影剤を注入し腸のレントゲン写真をとる検査。

明日から1週間の休み

「どこかに行くの?」と尋ねられて、
「病院」と答える。

金曜日と月曜日の2日、病院に行くことになっている。

折角の連続休暇なのに、病気をしてからは、毎回必ず病院通いをしている。

片足を入れたのは、

棺桶ではなく、丸い背の低いゴミ箱。
なぜか左足がゴミ箱に取られ、脛が当たって、痛かった。見てみると、アザができていた。

お代官様が居なくなったが、どうもまだいるような感じがした。毎日が緊張の連続だったが、その緊張感は急に緩むことはない。
誰が上司であろうと、やる仕事は基本的に変わらない。

体調メモ

起き掛けに、臍の辺りが痛かった。臍の下には、小腸がある。まだ、小腸にも、ガスが溜まっているのだろうか。

4753は底を打った?

450円で、底を打った音がした。
サイコロジカル的に急降下した後は、スーパーボールのように527円まで跳ね上がった。
短期的な資金が流入しているらしい。

9448もストップ高を交えながら、上昇。

この2つの銘柄の動向で、毎日の気分が左右される。
・・・というわけで、きょうは気分上々。

電話機の買い替え

留守録のテープが回らなくなって、留守電の役目をしていないので、ママが堪りかねて、新しい電話機を買ってきた。
FAX付きにするかどうか迷ったらしいが、結局、コードレス電話機を買ってきた。

取扱説明書を読んでいると、明らかに、昔とは違う説明が記載されていた。それは、ISDNやADSLでインターネットに接続する場合の説明。ナンバーディスプレイの機能は、申し込みをしないと使えないが、ADSLを使っていると表示されない場合もあるようだ。

留守電は、カセットテープを使わない。本体に内蔵している。たぶん、メモリーを入れ込んでいるのだと思う。

元来、電話は好きではない。電話の呼出音が鳴ると、恐くなる。8割方、良い連絡ではないからだ。
留守電にしてあると、大抵の場合、すぐに切れる。本当に用事があれば、留守電にメッセージを残すはずだ。

台風、地震、そして台風

台風が次々とやって来る。
地震もどこかしこで起こっている。

台風は進路が予想できるが、地震は全く突然やってくる。
台風は、病気でいうと、癌のようで、地震は、脳梗塞や心筋梗塞のようだ。

いずれにしろ、いざという時、こころの準備はできているだろうか?

89a2811d.jpgzisin0907

サルヂエ

問題:正三角形に直線2本を入れて、正五角形にするには?

0時10分からのTV番組「サルヂエ」で、出題された「サルの学校」の問題を、まだ起きていたお姉さんに出した。

「まともに考えちゃいけないよ、サルの問題だから。」
「数学の図形の問題というより、国語の漢字の問題だね。」
・・・とヒントをあげた。

この問題を塾の先生に出してみたら?


サルヂエ vol.1

書店に行って、他に面白そうな問題がないか探して来よう。

整骨院

お姉さんが首が痛いというので、学校に行く前に整骨院に行って診てもらったそう。
同じ姿勢でずっとしていて、急に振り向いたので、痛くなったそう。
一日に何時間も同じ姿勢で、机に向って勉強しているのだから、無理もないことかもしれない。
首に湿布をして、包帯を巻いて塾から帰ってきた。


お姉さんの成長記録:
身長147cm、体重36kg

朱色の木

この頃、「朱色の木」のことを書いてないのは、やはり、値を上げていないからかもしれない。

証券コード4753の「ライブドア」がどんどんと値を崩している。とうとう500円割れをしている。
今がたぶん買い時だと思う。続きを読む

激しい雷雨



<雷雨>関東・東海で局地的大雨 渋谷駅前水浸し
 本州に停滞する前線と上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になり、関東甲信、東海両地方は4日夕から局地的に激しい雷雨となった。悪天候は5日明け方ごろまで続くという。(毎日新聞)



雷を伴った激しい雨が降ると、4年前の名古屋の集中豪雨を思い出す。
きのうの夜中1時頃の雷は、近くに爆弾が落ちたのかと思えるほどだった。

「100億稼ぐ仕事術」

増刷ができたようで、やっと書店に並ぶようになった。

『稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方』と『堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方』の2冊は、駅構内の本屋にあったが、『100億稼ぐ仕事術』を加えて3冊並べて販売している書店はあまりない。
『100億稼ぐ仕事術』を仕入れられるかどうかで、書店の実力がわかるような気がした。

『100億稼ぐ仕事術』を手に取り、むさぼるように立ち読みした。

(面白いと思ったこと)
・メールで仕事の一元管理をする。自分のやるべきことも自分宛にメールで送る。
・集中力を維持するために、睡眠は8時間とる。

買うつもりでいたが、立ち読みでほぼ全部読み終えたので、買うのはやめた。

もし、会社を立ち上げる為に、彼女の父親が600万円を貸してくれなかったら、この会社は存在しなかった。
そして、このブログを無料で利用することもできなかったのだ。


100億稼ぐ仕事術



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方

CT検査

病院のCT検査の予約時間は午後3時。

朝早くから、動き回り、病院には、予約時間よりも、1時間半も早く到着。1時間以上待つのを覚悟していたが、検査室の前で本を読みながら待っていると、2時10分に名前を呼ばれた。

着ているものをすべて脱いで、検査服に着替える。
背泳ぎのスタートのように、検査台に仰向けに寝そべり、バンザイをする。

検査台が移動して、頭部から白いトンネルを潜る。CTのレーザー光が赤く光る。腹部に、カバーを被せられる。その重さで、腹部の痛みが増幅した。
「ちょうどいい、痛いと感じる時の画像が撮れる」と思った。

救急外来で診察してもらったS女医が、造影剤の点滴の処置をした。全身が内側から、熱くなった。

無事に終わった。正味15分程の検査だった。
この検査費用が1万1250円。
金欠病に拍車が掛かる。

退職金

催促して、給与明細をもらった。

退職金制度が変更になるということで、8月31日現在の給付額と、移行後の給付額が記入された明細書が給与明細に添付されてあった。
給与明細には、興味はないが、この退職金明細には興味があった。
一体、退職金はいくらもらえるのかというのは、実際に会社を辞めた人に聞かないとわからなかった。

とりあえず、現在の年収の倍に近い金額だった。

体調メモ

正直に言って、今現在も膀胱付近の左下腹部痛い。
無謀かもしれないが、これから、会社に行く。
おまけに、当番で帰宅は遅くなる。

驚いた!

えっ、浅間山が噴火した?!

ネット記事によれば、午後8時頃、噴煙を上げたそうだ。

浅間山の噴火と同じ位に、驚いたのは、突然の人事異動の発令だった。
1年間在任していたお代官様が、異動する・・・?!

午前中に噂を耳にしたが、本当のこととなった。
1週間後には、また新しく誰かが着任する。

夏休みの宿題

お姉さんの夏休みの宿題の読書感想文と自由研究は、とうとう夏休み最終日にやることになって、朝、3時半までかかったそう。
お姉さんは、寝不足で登校した。
続きを読む

満月

仕事を終え、外に出ると、台風16号の強風で飛ばされ雲ひとつない空に鈍く満月が光っていた。

仕事をしていると、脇腹にチクリチクリとした痛みが出てきた。
思わず、脇腹を手で押える。
相変わらず、仕事は、普通のレベルを超えている、過重だった。なんとか一日持ち堪えた。・・・というか、とてもそんな仕事に付き合いきれないないので時間内で切り上げて帰宅した。

大腸ポリープを内視鏡で切除したH氏は「チクリチクリ」とした表現した痛みがわかる。
胃炎で倒れたM氏はまだ胃に違和感があるという。

身体に不調を感じたら、無理はしない。
どの程度の痛みがあったら、危険か、痛みの限度がわかる。それは、2年前に病院に行こうと思い立った時の痛みだ。そこで躊躇してはならない痛みなのだ。

体調メモ

台風16号に吹き込む風が激しく吹いている。

これから、出勤することにする。
もし、痛くなったら、引き返そう。

尿検査

・・・今回のオリンピックのドーピング違反は24件と最多だったそうだ。

10時頃に、病院の外来に行き、主治医の診察を受ける。

お腹の触診。左肋骨下の上腹部に少し何か当たるような感じがした。この場所には、大腸と尿管があるそうだ。
痛くはないので、少なくとも、尿管結石ではない。

この前のレントゲン写真が貼り付けられてあった。
「この画像を見ると、ガスが溜まっているのがわかります。小腸や大腸のこの辺や・・・これだけガスが溜まれば、痛む症状がでるのは無理もないですね。」
「膀胱の辺りが痛い」ということと「腰が重いような感じがする」というと、「膀胱炎」で腰が痛くなることがあるそうで、「血液検査」と「尿検査」をすることになった。

・・・タイトルの「尿検査」はドーピング疑惑とは、全く関係ない。

先生の所見:
「血液検査」では、炎症反応もなく、白血球の数値も上がっていない。
「尿検査」の結果も、菌もなにも検出されない、とてもきれいな尿。
腰の痛みは、まれに骨に転移することもあるが、検査するほどかどうか迷うところ。腫瘍マーカーは増えていないので、転移している可能性は低い。

「膀胱炎」の可能性はなくなったので、直腸を重点に検査することになった。

9月3日(金)に、CT検査。
9月10日(金)に、注腸検査。
9月13日(月)に検査結果と診察。

・・・アテネオリンピックは閉会したが、「痛み」のマラソンはまだ続く。


体調メモ

腰まで痛くなってきた。
お腹は全体に痛みが拡散しているようで、お腹の痛みは一点集中型ではなくなり、横に広がった鈍痛がする。

恐い夢を見たはずなのだが、詳細は憶えていない。
夢にしては、とてもリアルで、誰かが死にそうだという光景だけが印象に残っている。白い服を着た人が多くいた。死にそうだったのは、もしかして、自分だったかもしれない・・・

きょうも一日安静にして、横になっていようと思う。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
記事検索
プロフィール

fajro

  • ライブドアブログ